【iPhone】povo1.0→povo2.0

投稿:2021/10/06(水) 19:00 | 更新:2021/10/06(水) 19:00 | 日用品 iPhone/iPad
ごきげんよう。AIKEです。

回線キャリアを、povo1.0→povo2.0に変更しました。

povo2.0始動!! 基本料ゼロから始めるオールトッピングプラン|povo2.0

ゼロから、君のやりかたで。 全員に「あなただけ」の最適なプランを。新プランpovo2.0/トッピングが登場 5Gにも対応!



方法



サイトから申し込み、記載されている流れを参考にしつつ。
届いたメールの指示に従って端末操作します。

SIM開通手続きは、物理SIMと、eSIMとが選べますが、物理にしました。
なんとなく。
au→povo1.0と来てたので、auの呪縛を切りたくて。
au IDは継続なのであんまり意味なかったですけども。

povo2.0
▲届いた物理SIM一式

web上でそのSIMを有効化してから、入れ替えます。
で、発信テストしたらおしまい。

終わってみれば簡単でしたが、処理ごとに届くメールが微妙に遅かったりして。
作業が前後しちゃうこともあったのが微妙でした。
基本、フローに沿って進めてれば問題ないですけどね。

povo2.0
▲完了すると、povo表記になりました(これまでは「au」)

データトッピング



povo2.0最大の特徴、データトッピング。
基本使用料ゼロ円の代わりに、通信量パック的なものを購入する仕組みです。
これまでは、20GBで月額¥2,728でした。

povo2.0
▲プラン一覧

コスト的には、30日間の場合は、ほぼ同じです。
90日間(3ヶ月)、180日間(6ヶ月)の場合は、月額換算で¥2,163。
かなりお安くなります。
ただし、途中返金等はないので、実質、◯ヶ月縛りとなります。

で、色々勘案した結果。

povo2.0
3GBプラン(990円)にしました

意表…!

いやね、ここ最近テレワークなもんで。
主な通信量発生が、通勤時/通勤先なわけで。
それがないイコール、通信量発生もないわけです。

先月も、神戸出張ありで転送量は3GBちょっとでした。
なので、外でもWi-Fiを活用したり、アプリのアップデートとかに気を付けたりすれば、十分3GBに収まるのではなかろうかという判断です。

出張等なければ、1GBでもイケそうですが、7日間という縛りは面倒だなと。
かといって無課金の128k制限では、ちょっとでかけた外とかで不便を感じそうですし。

というわけで、これで一旦様子を見てみます。
収まれば、月額990円という激安プランになります。
キャリアだとこの10倍かかると思うと、恐ろしくてなりません。

一方来月から数ヶ月は出勤が激増予定なので、60GB/90日間の方が気兼ねなく使えていいかなとか。
まさしく、こういう風に細かく融通を効かせて価格を抑えられる反面、「考える手間」が発生しているのは、povo2.0の特徴かなと感じているところです。
 
関連記事

コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する