【漫画】みやびあきの『珈琲をしづかに(5)』<完結> 感想

投稿:2022/01/13(木) 21:47 | 更新:2022/01/13(木) 21:47 | 漫画

かつて紫都香(しづか)に告白した健吾(けんご)と初めて会い、紫都香との埋まることのない年齢差を実感して落ち込む貴樹(たかき)。一方、紫都香もまた健吾からの問いかけをきっかけに幸せについて思い悩む。それぞれの気持ちが繊細に揺れ動くなか、貴樹はついに想いを伝えることを決意するが......? 喫茶店のマスターと男子高校生の8歳差の恋と成長の物語、完結巻!

引用元:Google books


珈琲をテーマにした年の差恋物語、完結。

少ない登場人物でうまく話を回し、まとめられていた。
紫都香と貴樹、それぞれの内面描写や葛藤が、巧みに描き出されている。
珈琲を入れる所作なんかも、流線的でとても綺麗。
それら含めて、背景や小物、雰囲気など、全ての描写がしっかりしている印象を受ける。
まさに丁寧な仕事。
漫画として見ていて楽しいし、物語として読んでいて楽しい。

お話の結末としても、見事な落とし所で、納得のいく形。
しづさん…よかったね…
たかき…がんばった…