【書籍】デイヴィ・ラウ『7時間で英語が突然ハッキリ聞こえて会話が続く本』 感想

投稿:2021/11/11(木) 19:00 | 更新:2021/11/11(木) 19:00 | 書籍

あなたはすでに、英語の知識は持っている。使い方のコツを知らないだけ! 本書は「英語の教則本」ではなく、「英語のユーザーズマニュアル」だ。 「日本語の言語的特性」と「日本人の性格」を知り尽くし、1000人の 日本人をペラペラにした著者が、外国人と英会話が続くコツを教える

引用元:Google books


ホロ沼にハマり、ENメンバーの会話を聞いていると、もっと英語がわかるようになりたいなと思うようになった。
で、ちょっと勉強してみようかと思い。
書店で良さそうなタイトルに惹かれ、手に取ってみた。

結論から先に言えば、7時間で英語が突然ハッキリ聞こえてくることはなかった。
予想できていたことだが。
もう2~3回、熟読すればまた違うかもしれない。

ただ、完全に無駄だったかというと、そうでもない。
英語スキル10%が、20%になるくらいは成長できたように思う。
特に、ネットで本書内例文の英語音声を聴けるのは良かった。
リズム感や強弱の参考になった。

他、英語の仕組みというか、学校の授業では習わなかったような(たぶん)視点で捉えることで、敷居が少しは低くなった感覚がある。
なので、取っ掛かりとしては、良かったかなと思う。

好きな洋楽を、英語歌詞を見ながら聴くことでも英語耳が鍛えられるということで。
対象のおすすめに、学生の頃よく聴いていたバックストリート・ボーイズやウエストライフも含まれていたので、こりゃいいやと。
Apple Musicを使いだしたのは、これを活用するためでもある。

Apple Music 歌詞表示
▲歌詞進行表示が便利

オンライン接続が必要にはなるが、隙間時間に1曲だけ聴く、なんてのもできる。

聴いてなんぼ、話してなんぼであることは百も承知だが、少しでも上達に繋がるといいな。